真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って

WHO世界保健機関と IAEA国際原子力機関が共同で開催した、2001年キエフ国際会議の模様を捉えた、とても貴重なドキュメンタリーです。
特に福島の原発事故以来、私たち も避けて通れなくなった内部被曝の実態や、その証拠がどのように隠されてきたかを目の当たりにすることが出来ます。



ウラディミール・チェルトコフ(Wladimir Tchertkoff)監督、エマヌエラ・アンドレオリ、ロ マーノ・カヴァッゾニ助監督作品
フェルダ・フィルム、2004年、51分

日本語版制作 Echo Echanges France、りんご野
字幕翻訳 藤原かすみ、藤本智子、辻俊子、コリン・コバヤシ
字幕・ナレーション制作 岩城知子 
ナレーション 東陽子

Echo Echanges France
http://echoechanges-echoechanges.blogspot.fr/

りんご野(Ringono)
http://ringono.com/

メディア

真実はどこに?―WHOとIAEA 放射能汚染を巡って Feldat Film Switzerland 2004

みどりのリンク

greensjapan


mirai banner01


2013banner2


1okuen banner3

みどりの未来信濃

「みどりの未来・信濃」は、平和で持続可能な社会を実現、また国政に緑の党の国会議員を誕生させるため、長野県内に住む有志で立ち上げた団体です。

トップに戻る